最新SEOが衝撃?!アフィリエイト記事は長すぎると逆効果?

アフィリエイトとSEOと文章量

ここ最近思うことがあって、アフィリエイト記事って長すぎると逆効果になるんじゃないかなということ。

よく、3,000〜5,000文字くらい文字数があるとSEO対策を考える上で効果が高いとか。最低でも1500文字書きましょうなんて言われたりしてて、自分自身もアフィリエイトを実践している中で惑わされたりしてる部分です。

最新のSEOと文章量というテーマで記事を更新します。

最新のSEOが衝撃?!文章量は少ないほうがSEO効果高い?

僕はここ最近はアフィリエイトではなくて、自分のコンテンツ販売をするために記事を書いています。

で、最悪なのが、とりあえずダラダラ書いてしまうこと。以前はよくやってた。

文字数多くかけたから良し!って言って、結局見直さないでそのまま投稿してしまうこと。これが一番最悪かなと思います。

思い思いの文章を書いてユーザーへの訴求力も大丈夫だろうと思い込んでしまうのは危険です。

というのも、見直してみると結構無駄な文があったりして、「え?この1文いらなくない?」っていうのがあったりするからです。

で、特に重要視したいのがスマホ経由でアクセスしてくれたユーザーです。
そういったスマホユーザーに対して記事タイトルとかけ離れたような文章やダラダラした文章を書いてるとスクロールが面倒で即効でページ閉じられますよね。

自分だったら閉じますね。

おそらく最新のSEOではこのスマホユーザーの動きが重要視されてて、あまり長すぎると最後まで読まれないことが多くなるため、評価が落ちるのではないかと感じています。

実際に自分の運営するメディアでも長過ぎる記事(特に網羅性の高い記事)は評価を下げている印象です・・・涙

実際にいくつもの記事が順位を下げています。
もちろん文章の長さだけが原因とは言いません。こちらの記事で触れている、YMYLやEATといった要素も重要視されています。

それでも結局向き合うべきはユーザーです。

ユーザーにとって利便性が高くない記事は価値を下げてしまうのです。

そういった実態に即したSEOの重要性がますます高まっています。

なので、リード文なんかはまず、ユーザーの知りたい情報がここにありますよ!っていうアピールをすること。

そして、リード文の中で悩みを確認・増幅させ、一気に解決策の提示っていう展開で無駄な文章は極力省く方が良いと思います。

とにかく、記事タイトルとコンテンツの中身を合致させておけば、最低限必要な情報をキュってまとめてあげた方がユーザビリティも上がると思います。

そうすれば結果として、Google大先生からの評価も上がるはずです。

特に、ここ最近ミニサイトと呼ばれる5~10記事規模のサイトの評価も上がってきているようで、自分が管理してるサイトでもそういった傾向がちょこちょこ見られます。

規模が小さくても記事数が短くても、サイトタイトルや記事タイトルに見合ったコンテンツが充実していれば、上位表示できると思います。

記事の文字数に関しては色々言われていますが、個人的には記事の長さはどうでも良いと思います。

それどころか内容が薄くてダラダラしてると逆効果でコンテンツペナルティなんてことにもなりかねないですからね。気をつけましょう。

結論!

3000文字 → 2000文字に

5000文字 → 3000文字に

ギュッと濃縮!!

 

メルマガをリニューアルしました

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このブログ書いている「たっつん」って誰?