アフィリエイトで重要な量質転化の法則とは?ブレイクスルーはいつくる?

ad4faa93569106d54689a5a603edc524_s

質量転化の法則というのをご存知でしょうか?
本業の営業における研修でこのワードが出てきて、
これって副業アフィリエイトにも応用できる考え方だなと思ったので、
ここ最近色々調べたりしていました。

 

こんにちは、たっつんです。
ここ数か月本当に行動量が少なくなってしまって、
もっと行動しないといけないと頭では分かっているのですが、
なかなか行動できていない今日この頃です。

 

本業も副業も『行動量』がカギを握っているのは確かです。
その量をいかにこなすかで今後の成功を左右するというのは分かってます。
ただ、分かっていても出来ない。

 

なぜか?

 

その理由の1つは「信じきれない」からかなと思います。

 

要するに、行動量を増やしても本当に成功できるのか、
分からないから信じられないということ。

 

そこで、ピンと来たのが質量転化の法則

 

例えば、小さい子供が初めて自転車に乗ろうとします。
もちろん初めから乗れる人はまれでしょう。
乗れるようになるまで転びながらも何度も何度もペダルをこぎ、
トライ&エラーを繰り返していきます。

 

すると、『どこかの瞬間』でペダルが数回こげます。
そこからは、コツをつかんだかのようにすいすいとこげるようになる。

 

こんな経験ありませんか?

 

ブレイクスルーはいつくる?

アフィリエイトで成功している人は必ず大量行動をしています。
その大量行動をしていった結果いわゆる成功曲線のように
どこかの時点で一気に突き抜けます。

 

このいわゆる成功曲線というのはこの『どこかの瞬間』を境に
ブレイクスルーが起きるということを表しています。

 

この『どこかの瞬間』というのは専門用語で閾値(しきいち)と呼ばれます。
実際、量が増えていくことで質に転化するということは
科学的にも証明されているのです。

 

すなわち、私たちはこの閾値に到達するまで量をこなすことで、
そこからは一気にブレイクスルーを起こせるということを信じないといけません。

 

これが自分の中でしっかり消化されて信じきることが出来れば、
あとは、じゃあその量をさっさとこなしちゃえば成功する!
と確信することが出来ます。

 

ということで、理由は分からないけど手が止まってしまって、
なかなか行動量がこなせてないという人は、
まずは質量転化の法則というのがあって、閾値という境界点となるところまで
作業量を積み重ねていこう!と考えると良いかもしれません。

 

ただ、問題が1つあって、その閾値がどこなのかが分からないんです。
そのポイントは確実に存在するけどそれがどこなのかは分からない。
だから、不安になってやめてしまう。

 

そこが特にアフィリエイトでは一番難しいところかもしれません。
実際、自分もいったいどれくらいやったらどの程度稼げるようになるのか?
不安だらけです。

 

でも、最近はちょっとずつ成果も出てきて、
ブレイクスルーが起きる可能性を体感しつつあります。
そこまでは耐えて耐えて、ひたすら行動するしかないですね。

 

そのためのヒントは『楽しむ』こと。
いやいや作業するんじゃなくて楽しんで仕事をする。
結果にフォーカスした楽しさじゃなくて、行動そのものを楽しむ!

 

例えば、記事を書く時にも、友人の●●君の顔を思い浮かべながら、
彼に向って教えてあげるように語りかけるように書くとか。
その行動そのものを楽しむことで行動量を確保しに行けるかもしれません。

 

ちょっと脱線しましたが、
とにかく量をこなすことでブレイクスルーは確実に起きます。
それを早めるためには、早めるための努力も必要です。

 

何も考えずにただ手を動かして量をこなす。
だけではブレイクスルーはなかなか起きないかもしれません。
少しでも、早くさせるためにはなぜブレイクスルーが起きるのか?
ちょっと考えてみると何かヒントが見つかるかもしれませんね。

 

アフィリエイトにおいてはなぜ稼げるようになるのか?
稼いでる人のブレイクスルーの瞬間とはどういうことか?

 

など考えていき、それを自分の場合に置き換えて、
必要な行動量を逆算してみるのも良いかもしれません。

 

自分も試行錯誤しながらも、確信をもって行動するために、
こちらにアウトプットしてみました。
参考になれば幸いです。

 

アフィリエイトは続けていれば稼げるようになります!
絶対あきらめずに頑張りましょうね!ではでは。

 

メルマガをリニューアルしました

 

コメントを残す

サブコンテンツ